看護師と対人恐怖症

いろいろと怖いことって世の中たくさんあります…。 でも、今私が一番怖いこと…それは人と接することです。 いわゆる対人恐怖症ってやつですね。

私は看護師をやっているんですが…わけあって対人恐怖症になりました。 理由は働いていた病院でした。その病院にはいわゆる「お局様」っていうやつがおりまして…このお局様に私は目をつけられてしまったのです。 いろいろなところでいじめにあいました。お局様に組みしている先輩方からは知らない仕事を押し付けられたり…お局様自体からもことあるごとにガミガミとストレス解消をするかのように説教されたり…。 いつしか、自分の周りには味方がいなくなりました。みんな私に味方をしたら自分もいじめられるって思ったのでしょう。だから、かばってくれる人もいないし、心配してくれる人もいませんでした。 毎日地獄…そんな状況の中で生活していたせいか、いつしか、みんな敵に見えてきて誰も信じられなくなり…気づけば対人恐怖症になっていました。

それでもやっぱり看護師の仕事を続けたかったので、私は転職という選択をしました。 もっと快適に看護師の仕事が出来る場所を探したのです。 その結果、とてもよい職場を見つけることができました。 今は対人恐怖症のリハビリを行いながらの勤務です。まだまだビクビクすることはありますが、先輩たちもとてもいい人だし、看護師長さんは私が対人恐怖症であることを聞いて「大変だったでしょう。ここにはそんなものないから」って言ってくれました…あれは本当に嬉しかったです。

これから、私はここで頑張っていこうと思います。対人恐怖症が簡単に治るものではないってことはわかっています。だから時間をかけてゆっくりと、自分らしい看護師になっていこうと思いました。 対人恐怖症で悩んでいる看護師さんがもしいれば、これが励みになることを祈ります。 ちなみにこれからツアーナースの求人を探す方は是非対人恐怖症の対策してみてくださいね。ツアーナースには人間関係が特に大切ですので。

Copyright (C) 2007-2013 看護師のヒヤリハット. All Rights Reserved.